気になる勝率の話(2)

 

きのうは、

必ずしも高い勝率が信用に値するものではない
というお話をしました。

それでもやはり勝率は気になります。

その訳は、
リアルでのトレードを経験されている方にはおわかりと思いますが、
メンタルの上でやはり安心感をもたらすのが、
高い勝率ということなのです。

同じ利益が得られるならば、
5,60%の勝率よりも7,80%の勝率のほうを
選びたくなるのが人情というものでしょう。

たとえ、統計上安定してプラスの成績が出ていても、
5,60%の勝率では、
毎日落ち着かない精神状態の中にいなければなりません。

そこに耐えられる方が
プロのトレーダーに向いているといえるのでしょうが、
凡人ではそうも行かないのではないでしょうか。

私も凡人なので、
PFは1.1で我慢できたとしても、
勝率は70%以上ないと落ち着きません。

私が開発したロジックの場合、
勝率が50%以上で安定した利益が出ていれば、
そのロジックを放棄することはありません。

しかし、
あくまでも追求するのは高勝率のロジックですし、
新しいロジックを見出すときも、
勝率が低いものはロジックと認めたくありません。

このように、
勝率はトレーダーのメンタル面に
大きく影響すると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。