バーチャルトレードかリアルトレードか(1)

きょうは、

バーチャルトレードかリアルトレードか

というテーマでお話します。

 

「デモトレードかリアルトレードか」

とも言います。

 

私が225(日経225先物取引)に出会ってから
10年近くになります。

そして、225関係のロジックの研究に
取りかかるようになって数年が経ちました。
一つのロジックが出来上がるまでの
経過をお話します。

まず、はじめにちょっとした気付きがあります。
たとえば、

「移動平均線でゴールデンクロスしたらエントリーして
±30円の指値をすると一日に1回はヒットするだろう。」

と気づいたとします。

すると、一定期間(大抵は1ヶ月間)それに沿ったデータを取ります。
その結果に有意性があれば、リアルで試行したりしながら
時間足を変えたり、エントリータイミングを変えたり、
指値を変えたりするなどで改良を重ねていきます。

このようにして、2ヶ月・3ヶ月と安定した成績が確認できれば
それは、一つのロジックが誕生したと言えるでしょう。

 

ところで、
今「指値」の話が出ましたが、
225の場合、FXのようにOCOとかイフダンとかありませんので、
指値は手動でやるしかありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。