自動売買か裁量トレードか

 

自動売買にあこがれる理由として、

①自分が寝ている深夜でも働いてくれるから

②裁量トレードの弱点をカバーしてくれるから

というような2つの理由を上げました。

 

そのお話が、トランプ相場の話でちょっとそれてしまいました。

 

話を戻して、

上記①のことはいいとして、

②については、もう少し書かないと

私の考えていることが半分も伝わリませんので、

きょうは、「裁量か自動か」というテーマで書きます。

 

一般的には、このような対立概念ではなく、

「裁量トレードかシステムトレードか」

と言うと思います。

 

でも、自動売買にあこがれるわたしですから、

「裁量か自動か」というテーマにさせてください。

 

 

今日お話したいことは

自動売買にあこがれる第3の理由ということになるかもしれません。

 

それは、即ち

「時間」のことなのです。

 

私が「シンプル」を追求している最大の理由は、

「トレードに時間をかけたくないから」

と前に書いたことがあります。

 

私は、人生で最も大切なものは何かと問われたら

それは「時間」

と答えるかもしれません。

 

時間は「生命」の別名だと思うからです。

 

その意味で、

時間を費やしていく裁量トレードよりも

自動売買のほうが優れているといえるわけです。

 

たとえば、

1日間、1ヶ月間、1年間をトレード三昧で過ごしたとします。

その結果、利益が出たならば気づかないことですが、

利益が出なかった場合、徒労感が残り、

「一体何のために時間を費やしてしまったのか。」

と後悔しかねません。

 

もちろん、時間とお金を失ったとしても、

貴重な経験と教訓が残れば問題はないかもしれませんが、

やはり短い時間で利益をあげ、

他の多くの時間を別の価値あることに使ったほうが

賢いと私は常に思っているのです。

 

私が自動売買にあこがれる最大の理由は

このことだったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。